MENU

 親から頂戴しているお小遣いが1万円、女子大生でこの金額って信じられないですよね。
それはもちろん家庭の事情とかもあるんだろうけど、いくら何でも少なすぎない?って感じです。
大学生はしっかりアルバイトをするべき、学費も大変だからという親の考えがあるようでした。
もちろん私だってアルバイトぐらいって気持ちはあったんですけど、生来の面倒くさがり屋な性質を持っていって、実際にアルバイトは始めたものの、続くことはないのです。
アルバイトと言っても普通の人たちと同じように働かなければいけません。
決して仕事の量が少ないわけでもなく、それでいて給料は少ないのです。
何だかすごい矛盾とかも感じちゃうし、やってられないという気持ちになってしまうんですよね。
それでアルバイトは続くことがなくてすぐに辞めてしまって、そうなるとお小遣いがなくて困ってしまうようになるんです。
何とかお小遣いを稼がなきゃと思って、またアルバイトを始めてみるのですが、やっぱりダメ。
なるべく簡単で疲れないアルバイト、それを選んでやるのですが、やっぱり無理でした。
いつも金欠状態だったから、友達から誘われてもお付き合いすることかできないんですよね。
これむちゃくちゃ寂しいですよ。
欲しい洋服もなかなか買えないし、簡単過ぎるをお小遣い稼ぎはないものか?と毎日のように考えていたのです。
こんな私に貴重な情報を教えてくれたのがキャンパスの友達だったんです。
最近アルバイトをやっていないという彼女が、学食以外でランチをご馳走するなんて言い出しちゃいました。
言葉に甘えてついていったのですが、その時に聞いたのは愛人契約の話だったんです。

愛人になるって言ったら絶対エッチする、知らないおじさんとセックスするのは確実に無理って思っちゃったんですけどね。
だけど、まったく違った内容でした。